観光スポット

三島市「三嶋大社」

 本社から車で26分 / 三島駅から徒歩で11分

三島市大宮町の歴史深い神社です。事代主命と大山祇命が祀られていて、年間を通じ商売繁盛・五穀豊穣を祈る人で賑わいます。源頼朝が平家打倒の挙兵に際し、祈願を寄せたことでも知られています。春には参道脇のソメイヨシノやミシマザクラ、神池のシダレザクラが咲き、秋には天然記念物のキンモクセイが花をつけます。
創建年代は正確に判っていないそうですが、古い書物には800年代後半の記述があることから、平安時代には既に創建されていたものと思われます。

毎年、8月15~17日に催される「大社の夏まつり」は県内外からの観光客で賑わいをみせ、16日の催しである「説頼朝公旗挙げ行列」には、毎年異なる芸能人が頼朝役として出演し、市民も当時の出で立ちで市内をまわり、盛り上がりを見せています。

説)平治の乱(1159年)で伊豆に流された源頼朝が、源氏再興を三嶋大社に祈願したのちに挙兵し、全国を平定した故事にちなんだ行事

お土産には、よもぎ餅をこしあんで包んだ「福太郎」が定番です。

 

三島市「三嶋大社」

ページの先頭へ